カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「日記 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お読み戴きましたら、こちらをポチッと押してやって下さいまし→
人気ブログランキングへ

認知の不協和

ホントにこのブログの更新率と言ったら、遂に数ヶ月に一度となってしまった・。。
と言うのも今年に入ってから新しい出来事がドンドン入って来ているので
整理し切れていないのと、ブログに書けない(笑)ことが圧倒的に多過ぎて
脳とカラダの整理段階に有るって感じでしょうか。
ま、個人的に聞きたい方はクローズでお話します・・

特に昨年末辺りから周辺が騒がしくなり、構想で頭がパンパン
タダでもスペックの低いCPUのド頭では整理出来ず、ようやく出口
が見えて来た今日この頃です♪

特にここ数年は施術の中にかなりの割合で『心理学的要素』
取り入れ、自分的にはかなりの形で人間の身体運動下における
『心』『カラダ』の相関性に切り込めたと感じています。

治りたい!という渇望を持ちながらも何故、痛みが軽減しないのか!
長年における腰痛や偏頭痛、肩こりなどの慢性疼痛における大多数
の方が抱える心との不調和をどう、みたて施術に活かすのかは
多くの施術者が抱える問題の一つでもあります。

先日も山口知宏先生『TOE』に参加してきたのですが、三度目の
参加にもかかわらず、又しても新たな発見が幾つもあり、致役の重要性
を再認識した二日間になりました。

この『TOE』は心理学先進国アメリカの最新の『認知・行動心理学』
ベースに実践で即使える形になっており、職種が違っても応用可能な
素晴らしいプログラムです。
今回も全国各地から色々な経営者の方や一般の方まで、ディスカッション形式
で様々な学びを得ました。

具体的にプログラム名は言えませんが(笑)、今、日本で自己啓発セミナーと
称して行われている様々なプログラムは、その殆どがアメリカで使い古された
周回遅れのプログラムだと言われています。

このTOEプログラムはアメリカの最新臨床データがエビデンスになっており
学術的にも間違いの無いものです。

私も第一回目の参加で衝撃を受け、臨床の中で使う様になってから
更に確信を得て、毎回受講する様になりました。
特に今回のバージョンは前回までのモノより更に解りやすく、深くなっており
今後の展開が楽しみになりました。

今回もタイトルにもなっている『認知の不協和』の話しが何度となく、出て来たのですが、
この内容だけでも慢性痛に長年苦しんでいる方々を救う切っ掛けになると確信します。
社会構造や人間関係の変化によって、我々の心は常にアンバランスな状態に
曝されています。

これを解除するには『皮膚』『心』の両面からアプローチしなければ、難しいでしょう。
どんなに脳や神経の勉強をしても内面に切り込むには、そこに切り込んでいく
手法が必要なのです。

『一時停止ボタンを押せ!』解るヒトには解るキーワードで締めますね(笑)

stock-illustration-36199564-ブラックゴールド-pause-一時停止-ボタンを押します


スポンサーサイト
お読み戴きましたら、こちらをポチッと押してやって下さいまし→
人気ブログランキングへ

『大晦日』

いやぁ~いよいよ年も押し迫って参りました・・
『節分』を迎え、今日はまさに”大晦日”
明日の『春分の日』をもって我々を取り巻く
環境も真の2016年を迎えることとなりました。

今月は”天の氣(二黒中宮)”、”地の氣(二黒中宮)”
が重なり合う月と言うことで、有る意味最も今年を象徴する
今年らしい月になるのではと思っています。

七赤本命、七赤傾斜を持つ方にとってはチョイと
体調的には難儀な月になりそうです。
一方で明日をもって『冬の土用』が明けるので、
七赤以外の人(笑)には体調回復に向かい、ホッと
一息付けるかなとは思います。

『丙(ひのえ)』という枠にはめられ型に押し込まれる
スタートを明日に控え、年末から小走りで、今後数年
自身の枠をチョイチョイ拡げてみたのですが、さぁ
どうなるか、楽しみな年の瀬です。

嫁とは今年の『恵方参り』の神社も決め、明日か
最悪明後日には早速、お詣りしようかと思っております。

ムムム・・・その前に今、住んでいる大社での恵方も
詣らなければならず、何やら気忙しい大晦日です・・
しかも、明日の『18:46分』に新年を迎えるということで
18:46分以降にお詣りに行かなければならぬと、これ又
枠が厳しいっすなぁ~

恵方巻きなどと云う高額なスシを食べる記念日が制定され
何で日本人って、昔から粛々とやって来たであろう
素晴らしい習慣を忘れて、安易に便乗したお気軽路線に
乗っかる民族なんだろうかなぁ~と・・・
昨今のハロウィーンやら恵方巻きも含め、ブツブツ。。

まま、これ位で・・今年も良い年になるように、皆様も
良い年をお迎え下さいませ。。

鐘







お読み戴きましたら、こちらをポチッと押してやって下さいまし→
人気ブログランキングへ

お陰様で

気が付けば今年もあと僅かとなり、道路の混雑状態で年の瀬を知る
昨今です。

世知辛いと言いますか、年々、季節や生活の節目が曖昧になり、私も
開業当初から年中無休を謳っている関係上、31日まで営業をしている
のですが、開業した当初では考えられない位に今年も31日迄予定が
入っており、年末がいつもの月末になってしまっているこの頃です。

思えばここ数年は地下へ潜るような『潜龍』の如き活動をしていた様な
気がします。これは来年も変わらずで、大きな一歩を踏み出すための
基盤・仕掛け作りの年になりそうです。

海外や様々な方々からお話しも戴いておりますが、今暫くは頭と身体を
痛めつつ検証と実践を行っていければと思っています。
来年は更に広範囲なジャンルの方々とトライ出来そうなので、今から
ワクワクしています。

来年も密かに皆さんのアッシーとして地道に活動して参ります。
来年も宜しくお願い致します。良いお年を・・


お読み戴きましたら、こちらをポチッと押してやって下さいまし→
人気ブログランキングへ

知識と智慧

いよいよ年も押し迫って来て、11月も中旬を過ぎると何だか気忙
しくなって来ます。

しかも、この気忙しい最中、私自身、二度目の『仮吉方』に今月25日
から出ることとなりました。

この『仮吉方』、簡単に言えば、本来なら今住んでいる自宅から『引越』
することで獲得する移動方位の吉を、自宅から見て吉方の方位へと、氣が
根付く期間である、75泊仮住まいで行うことで、その方位の吉を獲得
するという技なのです。

前回は2013年五黄中宮の年に、仮吉方の意味もほぼ分からぬま
まに東に出て七赤八白をとりました。

さすがに今回は仮吉方の重要性も効果も分かった上で出掛けま
すので、二年前とは何だか気分も違います。

今回は来年の盤面である二黒中宮の『九紫火星』をとりに『西』へと
出掛けます。
宇宙の大いなる”生命力”を取り込むことが目的である、この仮吉方は
氣學実践者の中でも必須と言える修行の一つです。

特に仕事上、生命力と結びつきが多い身としては、五行陰陽論
証明と検証には欠かせない一つがこの『仮吉方』なのです。
今や形骸化しつつある五行陰陽論を我が身をもって実践出来る
機会は中々ありません。

転勤によって一回りも二回りも大きくなって出世する人も居れば
転勤ごとに体調を崩し、生活も荒み、ボロボロになって落ちぶれて
行く人も居ます。
移動方位によっては癌や不慮の事故など、思いも寄らない状況が
待っていることもあるのです。

大いなる天と地の間の生命力によって活かされている私たち人間は、
宇宙の氣や、地の氣を知識として理解した上で、活かし活かされる
ことが必要なのです。

ココで必須なのは、知識として物事を知るだけで無く、得た知識を実践し
結果を血肉にすることで、始めて『智慧』となり、人を導いていく力に
なって行くことを理解することです。

どんなに頭でっかちになっても、実践が伴わない限り机上の空論でしか無く、
人の心には響きません。

私も前回の仮吉方で、とっている最中から、生理機能の変化、メンタル変化
など、思いもよらぬ変化を体感出来、移動方位による心身共の変化を体感しました。

現在では、クライアントがウチに電話をかけてきた日から状況を読み説き
症状改善が早いか、ある程度の時間がかかるかなど、来院前から
大体の予測は付くようになって来ました。

それ以外も本人が口に出さないが、抱えている内面の問題も、ヒントは
方位に隠されていることも今では分かるようになって来ました。

今回の『西』の仮吉方で『出雲市大社町』での生活が又、始まるわけですが、
75泊後の帰って来たときの変化が今から楽しみで仕方有りません♪

歩いて出雲大社にお参り出来る距離・・なので、シッカリと大社の人になりたいと
思っております。

izumo_2002_new.jpg

お読み戴きましたら、こちらをポチッと押してやって下さいまし→
人気ブログランキングへ

規格内・規格外

甲子園もいよいよベスト8が出揃い、私の夏も大詰めを迎えております。

年々思うのは、様々な情報が映像や書籍などで簡単に手に入る様に
なり、指導者のスキルや知識は一昔前とは違い地方格差は確実に
狭まったと言えます。

今年の大会で特に目立ったキーワードはやはり『規格外』って言葉
でしょうか。

その代表格が早稲田実業高校の未だ一年生と言う『清宮幸太郎』選手でしょうか。
そして、もう一人、今日負けましたが九州国際大付の『山本武白志(むさし)』選手。
この二人、共通のキーワードは『サラブレッド』でしょう。

方や、元ラグビー日本代表、早稲田大学、ヤマハなどで監督を勤めた『清宮克幸』
を父に持ち、方や元巨人の四番、ロッテの監督でもあった、『山本功児』氏を父に持つ
運動神経的遺伝と言いますか、資質としては申し分の無い、サラブレッドと言えます。

体格的にも二人とも180㎝オーバー、体重も90Kg近い日本人の平均を遙かに超えた
堂々とした体格を誇っています。

一方で今回の大会でもう一人、清宮選手以上に話題になっているのが、関東一高
『オコエ瑠偉(るい)』選手でしょう。
彼の最大の魅力は何と言っても、その”スピード”です。50メートル5秒9、右打者で
一塁到達が4.2秒っていう、昔風に言えば韋駄天って言葉が出て来そうです。
ま、走っているの見ても歩幅が広い!チョコマカ走る日本人選手とはヤッパリ違い
ますなぁ~
高校野球でも、数年前からいわゆるハーフの選手が増えてきて、チョコチョコと紙上を
賑わしておりましたが、オコエちゃんで一気に火が付きそうです。

昨晩もフジテレビで宮根氏の番組でも特集していましたが、この波は野球だけではなく、
先日も陸上で、あのボルトの同年代時の記録を塗り替えた『サニブラウン・ハキーム』
選手もそうですし、女子バレーの世界でも名前はそのまま日本人ですが、
『宮部藍梨(あいり)』選手も、高校生ながら、最大到達点は全日本のキャプテン
木村沙織選手よりも高いという、潜在能力を持っている選手です。

最初にあげた清宮選手や山本選手を”サラブレッド”とすれば、彼等は『ハイブリッド』
とでも言えるべきポテンシャルを持っている、遺伝的フルコンボ装備です。

オコエ選手は父君がナイジェリア、母君が日本人。サニブラウン選手も父君がガーナ、
宮部選手も父君がナイジェリアと改めて、アフリカンパワーのハイブリッドパワーに
驚かされます。

ウチの奥などは『ん。。何か微妙な気持ちだねぇ・・』と言いますが、今、揉めに揉めてい
東京オリンピックもそうですし、今後、十年先、二十年先、スポーツ好きの日本国民が
オリンピックで金メダルの数を増やしたいなら、間違いなくハイブリッド種の増加を図る
のが、よっぽど国威発揚になりますよ~

立派な国立競技場を建てて、訳の分からない設計者に金払う位なら、他国の移民を
受け容れる環境整備や雇用の受け容れなどにお金使った方がよっぽど、少子化に
対しての労働力の増加にもなりますしねぇ~

ハーフの子が増えると、DQNネームも違和感無くなるかも♪
と、規格内の私が考えるお昼時でした・・・

three.jpg

お読み戴きましたら、こちらをポチッと押してやって下さいまし→
人気ブログランキングへ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
QRコード
QR
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。