スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お読み戴きましたら、こちらをポチッと押してやって下さいまし→
人気ブログランキングへ

島根のパワースポット その1

いやぁ・・最近私の住む島根でも他府県からいらっしゃる方々が増えたこと増えたこと・・特に目につくのが、たまゆら等と言ったストーン系アイテムを販売している所や、玉作湯神社など俄に便乗スポットになったところなど様々です。
数年前よりテレビの規制が厳しくなり、私の好きな”心霊系番組”などのオカルティック番組が激減しました。何でも視聴者からの苦情で心霊番組を放送すると、子供が怖がって夜トイレに行けなくなるなど、迷惑だからと・・・科学で立証出来ない嘘を公共放送で流して良いのか!など馬鹿親の戯れ言を真に受けて、自主規制しているようだ。何と滑稽で愚かなことだろうか。暗闇への畏怖や目に見えないものに対しての敬いこそが、心を育てる上において必要不可欠な要素だというのに、そんなことも今の親は分からなくなっているのだ。新倉イワオ先生も草葉の陰で嘆いていることだろう・・・

で、こうなったら私も一念発起して、とことん目に見えないモノを紹介しようと考え、さし当たって私の回りの「出雲之国パワースポット紹介をしてみようと。以前も書きましたが、パワースポットは個々の器によって感じ方も得られるモノも違うので、行ってみられてどう感じるかは、個々の感性にお任せ致します。但し、少なくとも私が生業としている「操体」で重視されるのは”感覚をききわける”という非常に繊細且つ、目に見えない世界なので、「波動(エネルギー)」を捉えるのは日常生活茶飯事なので、大外し(笑)は無いと思います。

376584_381987205201962_1004039003_n.jpgで記念すべき第1回は、先日”Facebook”でも紹介したのですが、島根県松江市玉湯町にあります、「出雲玉作史跡公園」内にある、「記加羅志(きがらし)神社跡」です。間違っても移転になった玉作湯神社の方に行かない様に(笑)。
玉造温泉街に入らず、県道25号線を直進すると、坂を登り切った所を左折すると、ラブホテル街に上がる良い場所に(爆)駐車場があるので、其処に車を置いて歩いて行くと良いです。目印は復元した竪穴式住居が見えるので、それを目指して進んで下さい。玉造温泉街を眼下に見下ろす場所に「記加羅志神社跡」はポツンと存在しております。余りにも存在が自然すぎて、私も反対側に回らなかったら気付かなかったかもしれません。私が行った時も竪穴式住居に目をとられ、「ふ~ん・・。」なんて住居を見て、横を回って、大きな木の横を通った時、絶句してしまいました。その余りにも柔らかく、心地よい波動に暫し言葉を失ってしまいました。近くのベンチにカップルが座っていたのですが、思わず次の瞬間に「お~~っ!」と言葉にならない言葉を発していました。人間って意表を突かれた感動に言語表現が三歳児以下になるのだと実感しました。この波動は以前、伊勢神宮にお邪魔した時に感じた波動とよく似ていました。何だか包まれる様な、それでいてじ~っと味わっていたい様な何とも言えない心地よい波動なのです。個人的には「記加羅志(きがらし)」などといった名前にも興味津々ですが、兎にも角にも味わってみて下さい。

↓この木の下、温泉街側に居ると優しい流れを感じますヨ

C360_2012-07-27-11-23-30_org.jpg臨床家的に言えば、ここには精神的に疲れている方、ストレスフルな生活を送っている方に是非、来て戴きたいです。きっと心の芯から癒されるでしょう。今の生活を振り返ったり、これからのことをジックリ考えるには最高の場所です。後は、勝負事を明日に控えている方や、緊張しやすい方、大事な商談が今から、明日あるなどと行った人にも良いです。気が上がりやすい人にはもってこいの場所ですねぇ。少なくとも、その場所で30分は過ごし、エネルギーを取り込んで下さい。最高です~
これからも、島根のあちこちに点在する”本当のパワースポットを紹介したいと思います♪くれぐれもマスコミに踊らされることなく、自身の肌で感覚で味わい、発見して下さい。

是非、行かれた方は感想などを書き込んでやって下さいまし♪

住 所 名 称 波動種類 向いている人
島根県松江市玉湯町
玉造85-8
出雲玉作史跡公園内「記加羅志神社跡」 癒やし・やわらか系の波動 やや落ち込んでいる方、肩の力が抜けない方など
お読み戴きましたら、こちらをポチッと押してやって下さいまし→
人気ブログランキングへ

コメント

行きましたよ
ヤッパリ、そうだと思いました。確信に変わりました。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
QRコード
QR
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。