スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お読み戴きましたら、こちらをポチッと押してやって下さいまし→
人気ブログランキングへ

島根のパワースポット その4 『劔神社(つるぎじんじゃ)』

劔神社鳥居前 本日紹介するのは、松江市八雲町日吉にある、とっても不思議な神社『劔神社(つるぎじんじゃ)』です。
何が不思議かってこの神社、私が今まで行ったどの神社とも違う異質な空間を持つ神社(神域)でした。
私自身、神社巡りと称して、吉方方位に出かけるのが最近の日課になっているので、地図上で行ける方向上にある神社や場所にその日の気分で行くのですが、どの様な謂われがある神社だとかは一切知らずに行きますので、行ってみてビックリ!ってことが多々あるのです。今回の『劔神社』に関してはその中でも1、2を争う位のパワースポットと言うよりは、ワンダースポット(不思議空間)って表現がピッタリの場所だと思われます。その不思議空間の理由は、帰る際に神社入り口の説明書を見て妙に納得しました。この劔神社は”国産み”で有名な”伊弉諾(イザナギ)””伊弉冉(イザナミ)”にとても深い関係のある神社でした。神話が好きな方ならご存じの、イザナミが最後に産んだ火之神、カグツチのために火傷を負って、後に亡くなっているのですが、イザナミを忘れられないイザナギが黄泉之國まで追っかけてきてイザナミに会いに行きます。ですが、既に腐敗しているイザナミの姿を見たイザナギは恐怖におののき逃げ出したことに、イザナミは怒り心頭!ふざけんなと、イザナミを追いかけます。何とか命からがら逃げ切ったイザナギが葦原中津国と繋がっている、黄泉比良坂(よもつひらさか)で千引の岩で入り口を塞いで、逃げ切ったと言うのがザックリとした話しなのですが、結婚しているモノとしては微妙な気分になります・・・

劔神社階段 劔神社拝殿前で!今回の『劔神社』はこの話しの中で、逃げるイザナミに対してイザナギが、自分の私設軍団?とでも言うべき「黄泉醜女(よもつしこめ)」の軍勢を使いイザナギを攻撃したのですが、追い込まれ腹を括ったイザナギが剣を抜いて戦った場所が、この劔神社だったのです。そんな、世の夫婦にとって曰く因縁付きの場所に、夫婦で来たのもどうかと思いました(笑)が、知らない強さです・・・
このワンダースポットは神社の鳥居をくぐって、150段の階段を上がって行くのですが、まぁ急勾配・・急勾配、嫁もゼイゼイ言いながら上がります。私は平静を装いつつも、痩せて良かったと思いながら上まで上がりました。
劔神社の面白いのは鳥居から階段を上るまでの間、何の波動も感じないのです。以前紹介した真名井神社(まないじんじゃ)とは大違いで、階段流れの波動は一切無し!逆に面白いなぁ等と思いつつ、拝殿を目指しました。手水場も水は無いし、水道も水が出ないと、ないないづくしのオンパレードで、「ああ、今日は外れかなぁ」などと思いつつ、頂上に着いて、拝殿が見えて来ました。
じゃ、拝殿にと思い、拝殿前を見ると違和感のある風景でした。拝殿前が石畳と言うよりは、明らかに何らかの建物跡であったであろうと思われる礎石がある光景でした。「な?何じゃこりゃ」と思いつつ、一歩踏み出したその刹那!『ぞぞぞぞぞ~っ!』と両腕に鳥肌が一斉にたちました。ああ、不思議不思議のワンダーランドでした。不快感でも無く、嫌なモノがある感じでも無い、表現のしようが無い始めての感覚でした。穢れ地(けがれち)や霊障がある土地は何度も行きましたが、そんな感じとは全く一線を画したホント不思議としか言いようが無いのです。嫁にコメントを求められても、「う~ん。。よく分かんないなぁ・・嫌じゃ無いんだよなぁ・・でも説明出来ないんだよなぁ」と心許ないことしか説明が出来ないのです。

多分、今の私のステージでは説明出来ない場所なんだと思います。もう少し私自身がレベルアップ出来ればしっかりとした説明が出来る場所なんだろうなぁと思いつつ、チキン・スキン状態のまま、その場を後にしました・・
行くのNGの場所では無いので、是非、この場の説明が出来る方がいらっしゃいましたら、是非、当方までコメント下さいまし。興味がある方は行ってみて、ご感想を掲示板かコメントで宜しくです~。。

名 称所在地波動種類おススメしたい方
劔神社(つるぎじんじゃ)松江市八雲町日吉不思議系不思議が味わいたい方向き

お読み戴きましたら、こちらをポチッと押してやって下さいまし→
人気ブログランキングへ

コメント

なつかしいです。
七年前までその付近に住んでました。私は松江の町中から婿養子にきて、その家の氏神さんだったのが当神社だったのです。そしてその神社に所縁のある人物の家でした。地元では有名な人物で数々の書籍とかもありますし、教科書にも載っていて、私も習いました。
No title
私も色々な神社廻りましたが、中々珍しい雰囲気を持っている神社ですねぇ~
後の調べで色々と分かったのですが、まぁ、なるほどと納得でした。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
QRコード
QR
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。