スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お読み戴きましたら、こちらをポチッと押してやって下さいまし→
人気ブログランキングへ

『SOTAI DIET Method(操体ダイエット・メソッド)』-中間報告-

 以前のブログでも紹介した『SOTAI DIET Method(操体ダイエット・メソッド)』をスタートしてから、はや4ヶ月が近くなってきましたので、中間報告をしようかと思っております。元々、30代を過ぎた辺りから、”身体を造る”いわゆる”Body Making”と称するモノにはまり、せっせとジム通いをしたり、ランニングなど、身体を動かすことでウエイトコントロール並びにヘルスコントロールをしていた時期がありました。高校時代野球をやっている頃は、どちらかというと華奢な方で、1980年代に新興勢力として高校野球界を席巻していた徳島県の”池田高校”がウエイトトレーニングで革命を起こしていましたので、当時、ロクな設備も無かった中で、せっせとトレーニングしたのを覚えています。

多少勉強をしていくと、やはりトレーニングだけではウエイト・ヘルスコントロールは難しいことが分かり、そこから”栄養学”も少しずつかじりながら、今では当たり前の『運動+食事』の組み合わせを幾つかスタートさせました。
最初は定番の”サプリメント”摂取から始めました。プロティンも100%大豆のモノから始め、ブレンドもの、最終的にはホエイへと様々なプロティンも試しました。ビタミン・ミネラル系もVC、VE、B2・B6・B12等々、後に仕事の関係でサプリメントの開発、原料卸も経験する関係上、かなりのこだわりでやっておりましたが、特定の栄養素だけを高くとっても身体にとっては余り意味が無いことが分かり、それからは一切、サプリメントを摂取しなくなりました。
その後は運動の質を変えたり、食事を朝抜きにしたり、炭水化物抜き、食事の夜抜きなどなど、三食に対してのアプローチを変えつつ、行っておりました。その時に『手作り酵素』による”Enzyme Diet(エンザイム・ダイエット)”と出会い実践、これが一番合っている様な気はしていました。ここ近年では”日本食ダイエット”などここに書き上げる主なモノだけでも、とんでもない数になるので、割愛します・・・

そんな時に、師匠である三浦先生より「福田もそろそろ一日一食にしたら・・」と悲しそうな遠くを見る様な目で言われました。
正直、遂にチャンスが来たなと、師匠を数年みている中で、殆どガッツリ食べられない、果物中心の食事で小食。ある意味私と対極にいらっしゃる方だといつも興味津々で見ておりました。で、ど~せやるなら早いほうが良いと今年のゴールデンウイーク時からスタートしました。元々、食べるのが好きな割に、断食時が一番調子良いなぁと感じていましたので、抵抗なくスタートしました。

そこで感じたのは、現代栄養学の「カロリー至上主義」的発想への危惧です。クライアントから聞いた話なのですが、ご年配の方が生活をされる施設において、自分の母親が食べる食事に何か変なかたまりがあるから何だろうと思って見てみると、キャラメル一個がキレイに半分に切ってあり、栄養士の方に聞くと、「摂取カロリー上○○Kcal以上の摂取は好ましくないので、キャラメルを半分にして調整しています」と当たり前の様に言われて違和感を感じたそうです。なんじゃそりゃって話しですが、現場では現実にあり得る話しなのです。カロリーとは絶対では無く、あくまでも参考、私から言わせればど~でもいいモノの一つです。この話しをしたら、ある方から「だって、一日一食ってカロリー調整でしょ?」って言われた方がいらっしゃったのですが、ここが根本的に大違いなのです。私はカロリー調整のために一食にしているのでは無く、固形物の摂取量を減らすことで、消化酵素に使われる酵素量を減らし内臓修復・抵抗力の活性化や免疫力向上など、他の重要な要素に酵素を使うのが最大の目的であり、ここが根本的に考え方として大きく違うのです。そんなショーもない数字合わせのカロリー摂った摂らないなどと言った目先の話しでは無いのです。だから基本的に夜の食事に関しては特に取り決めを作っていない。好きなモノを食べてストレスを溜めない様にしている。但し、キャベツをしこたま食べてから通常の食事をする様にはしていますが。

中間報告としては体重はもうそんなに落ちていません。スタート時87Kg程度あった体重は現在、75Kgで一応落ち着いております。但し、面白いのは身体は確実に絞られてきていることです。先日、あるホテルで宿泊した際に、半月前に泊まった時はLサイズのパジャヤマが用意してあったのですが、今回はMサイズに変わっていました(笑)
そこは、受付で名前等を書いている時に体型チェックをして、パジャマを部屋に持って行くシステムの様で、あぁ半月で身体が又、絞られたんだと実感しました。野球のウオーミングアップの際にグラウンドの外野廻りをランニングするのですが、息が上がらなくなり、楽々走れるようにもなりました♪ それと、私のダイエットの基準としている、20代の頃にはいていたズボンがあるのですが過去どんなダイエットをしても入らなかったズボンが、今回はすんなりと入る様になりました。
ウエイト管理は大事ですが、ウエイト以上に大切なのはやはりシルエットだなぁと改めて感じています。

このクビレも含めた理想的体型を作るのに必須なのが、『SOTAI BODY Method(身体運動の法則)』の実践です。このメソッドに関しては後日、改めて書こうと思います。締まった身体作りと、クビレを作るのに最適なだけで無く、身体の歪みを整え、健康的な生活をおくるのにも最適です。長くなりましたが、中間報告です♪
お読み戴きましたら、こちらをポチッと押してやって下さいまし→
人気ブログランキングへ

コメント

No title
さすが、所長!
読み応えのある記事でした!
私も見習って行動に移したくなりました。
お疲れ様です
あ、お疲れ様です♪コメント痛み入ります・・『SOTAI DIET Method』面白いですよ~『SOTAI BODY Method』と併せて又、やりませう!

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
QRコード
QR
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。