スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お読み戴きましたら、こちらをポチッと押してやって下さいまし→
人気ブログランキングへ

認知の不協和

ホントにこのブログの更新率と言ったら、遂に数ヶ月に一度となってしまった・。。
と言うのも今年に入ってから新しい出来事がドンドン入って来ているので
整理し切れていないのと、ブログに書けない(笑)ことが圧倒的に多過ぎて
脳とカラダの整理段階に有るって感じでしょうか。
ま、個人的に聞きたい方はクローズでお話します・・

特に昨年末辺りから周辺が騒がしくなり、構想で頭がパンパン
タダでもスペックの低いCPUのド頭では整理出来ず、ようやく出口
が見えて来た今日この頃です♪

特にここ数年は施術の中にかなりの割合で『心理学的要素』
取り入れ、自分的にはかなりの形で人間の身体運動下における
『心』『カラダ』の相関性に切り込めたと感じています。

治りたい!という渇望を持ちながらも何故、痛みが軽減しないのか!
長年における腰痛や偏頭痛、肩こりなどの慢性疼痛における大多数
の方が抱える心との不調和をどう、みたて施術に活かすのかは
多くの施術者が抱える問題の一つでもあります。

先日も山口知宏先生『TOE』に参加してきたのですが、三度目の
参加にもかかわらず、又しても新たな発見が幾つもあり、致役の重要性
を再認識した二日間になりました。

この『TOE』は心理学先進国アメリカの最新の『認知・行動心理学』
ベースに実践で即使える形になっており、職種が違っても応用可能な
素晴らしいプログラムです。
今回も全国各地から色々な経営者の方や一般の方まで、ディスカッション形式
で様々な学びを得ました。

具体的にプログラム名は言えませんが(笑)、今、日本で自己啓発セミナーと
称して行われている様々なプログラムは、その殆どがアメリカで使い古された
周回遅れのプログラムだと言われています。

このTOEプログラムはアメリカの最新臨床データがエビデンスになっており
学術的にも間違いの無いものです。

私も第一回目の参加で衝撃を受け、臨床の中で使う様になってから
更に確信を得て、毎回受講する様になりました。
特に今回のバージョンは前回までのモノより更に解りやすく、深くなっており
今後の展開が楽しみになりました。

今回もタイトルにもなっている『認知の不協和』の話しが何度となく、出て来たのですが、
この内容だけでも慢性痛に長年苦しんでいる方々を救う切っ掛けになると確信します。
社会構造や人間関係の変化によって、我々の心は常にアンバランスな状態に
曝されています。

これを解除するには『皮膚』『心』の両面からアプローチしなければ、難しいでしょう。
どんなに脳や神経の勉強をしても内面に切り込むには、そこに切り込んでいく
手法が必要なのです。

『一時停止ボタンを押せ!』解るヒトには解るキーワードで締めますね(笑)

stock-illustration-36199564-ブラックゴールド-pause-一時停止-ボタンを押します


お読み戴きましたら、こちらをポチッと押してやって下さいまし→
人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
QRコード
QR
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。